駒ヶ岳ファンクラブ

「駒ヶ岳ファンクラブ」は、日本各地の駒ヶ岳の豊かな自然を愛し、駒ヶ岳山麓の人と交流し、その山麓の文化に親しみ、日本各地の駒ヶ岳に登る」を目的とした会員からなる団体です。

三角点の「基本」の文字は何?

平井 英明
 5月8日の仲さんの報告「お参り・登る・食べる3点セットの山 水沢山に登った記録です」の中に、「水沢山頂上の新しい御影石の三角点は三等でした。「基本」と彫って有りましたが何の基本なのか?」との注記があり、さらに写真キャプションで「三等三角点 基本?初めて見ました」とありました。

仲さんの写真(水沢山の三等三角点)
 今回はこの「基本」について簡単に説明します。
 ちょっと堅苦しいですが、測量法という昭和24年に制定された法律があります。この法律に基づいて、国内の大半の測量は実施されていますが、測量法第四条において「基本測量」とは、すべての測量の基礎となる測量で、国土地理院の行うものをいう。と規定し、第五条で「公共測量とは」について述べています。
 そして、測量法施行規則の中で「柱石は、その側面がそれぞれ東西南北に面するように設置し、東面には「基本」又は「公共」の文字を、西面には「国土地理院」若しくは「国地院」の文字又は当該測量計画機関の名称若しくは略称を表示する文字を、南面には標石の種類を、北面には標石の番号をそれぞれ記入する。」としています。
 つまり、三角点に彫られている「基本」は国土地理院が行った測量で設置した三角点であるということを表わしています。


 なお、水沢山の三等三角点は明治時代に設置されていますので、通常では「基本」の文字は彫られていません。それは測量法制定以前にはそのような規定がなかったからです。何らかの理由で新しい標石に交換されたため、「基本」の文字があるものと思います。 

 国土地理院の「地図と測量の科学館」のこれまでの企画展の案内の中に、「一等三角点物語」があります(下欄のURL)ので参考にしてください。

https://www.gsi.go.jp/MUSEUM/SOUGO/kohokocho2021_00003.html

散歩

谷 和代
 気候が良くなったのに、雨が続きましたが、5月18日午後から晴れの予報なので金沢自然公園から庄戸に歩きました。
 まだ咲いているかと思ったジャケツイバラは数輪が残るのみでした。シダの森では沢山のサイハイランを見て、尾根に出るとシロバナハンショウズルが数輪咲いていました。この花は、昨年ブログに載せて、北村さんから名前を教えてもらった花で、昨年秋の崖崩れによる工事でツルが切られてしまい、咲くかどうか心配していましたが、数輪咲いていてホッとしました。
 庄戸で草取りなどをした帰り、最近気になっていた朝比奈バス停近くの旗を確かめるため途中下車しました。何とこの旗は、今、NHKで放送中の大河ドラマで、最近殺された上総介広常佐藤浩市が演じた)の塔でした。この塔は、梶原景時に討たれた上総広常の墓とされているそうです。ここ横浜市金沢区朝比奈は、朝比奈峠を越えれば鎌倉市です。(以前梅見の会で、朝比奈峠を通り鎌倉まで歩きましたが、その時は気づきませんでした。)

ウツギ

サイハイラン1

サイハイラン2

蜜を吸う蜜蜂とタニウツギ

横浜南環状線の新しいトンネル

オカタツナミソウ

上総介塔

鳥居峠を歩く

伊達 樹里
 中仙道歩きをしている友人2人が鳥居峠を歩く計画があるということで、同行させてもらいました。ファンクラブ関連で2回行ったことがあり、街道であるので歩きやすく、しかも草木の緑や花が豊富で、機会があれば、何度でも行きたいところです。2回とも奈良井から薮原でしたが、今回は薮原から奈良井へと歩きました。
 5月8日(日)、好天の連休最終日ですが静かな薮原駅から歩き始めました。
 薮原と言えば、ファンクラブの湯川さんがお住まいです。湯川さんはガイドにお出かけでしたが、コースの上なので、お留守宅でご挨拶だけさせていただきました。
 山道に入ると、ニリンソウが両側に咲き誇り出迎えてくれました。
 登りの途中ですが、上りも下りも人影はほとんどなくて、道端でお昼にしました。 丸山公園、測候所跡、硯水など史跡を訪ねながら、若葉の溢れる道をゆっくり上ります。遠くに雪の残る御嶽も望めて、感動でした。
 どっしりとした栃の大木の群生が見られて、峰の茶屋に着きました。栃の木の花はまだまだのようでした。
 峠を過ぎると、急に風が強く吹きはじめました。
 コースの奈良井側では、一変して、土砂崩れ個所の連続で驚きました。歩けるように復旧されていましたが、通行止め、とネット上では長期に案内されていて、大変な被害だったこと、がよくわかりました。
 風も冷たい風で、あたりは新緑がやっとかな、という状態。薮原側とは気温も気候も違うと感じました。早春の花たちが懸命に咲いていました。
 奈良井の民宿に泊まりました。朝晩は寒く、標高が高いから当然ですね。
 翌9日(月)は雨が降り出し、奈良井の神社仏閣などを歩いたあと、帰京しました。
 3回目の鳥居峠で、初めて遅まきながら分水嶺を認識しました。隣の宿場の薮原も奈良井もどちらも水が豊かで、町の中のいたるところに水場があるけれど、薮原と奈良井を流れる川は同じではなかった。それぞれ、太平洋と日本海に流れる川だったなんて・・・。

薮原の町を見下ろす

つぼみを付けたつつじの木

御嶽が見られました

栃の大木

ヨゴレネコノメソウとキケマン

峰の茶屋の水場

土砂崩れあと

ホウチャクソウ

二人静

強風で飛ばされたカラマツの枝に花がついていた。見上げてもなかなか見られないもの。たまたま見られてラッキーでした。

チゴユリ

奈良井側の新緑

この花をご存じの方教えて下さい。(1)

この花もご存じの方教えて下さい。(2)

120年に一度の光景(竹の花)

伊藤 信夫
 秋田市の公園で、笹の一種「スズタケ」が花を咲かせました。
 「スズタケ」は120年に一度だけ開花するとされ、実を付けた後に全部枯れ、再び育つのに数十年かかると言われています。
 足の故障で登山は諦めましたが、リハビリのため自転車で20分のところにある公園で写真を撮ってきました。
 広さ70万㎡(後楽園球場の7倍)の「一つ森公園」内にある日本庭園の遊歩道沿いの約10mにわたって咲いています。

一つ森公園の日本庭園入口

スズタケの花(その1)

スズタケの花(その2)

スズタケの花(その3)

管理人:この現象は本当に貴重(一生もの)で「yahooニュース」でも話題になっています。 皆さんも「スズタケ 一斉開花」で検索してみてください。

太平山の小屋開き(5月20日)

清水川 修
 令和4年5月19日、太平山奥岳参籠所の開所のために登ってきました。

秋田市方面の景色です。

 山頂ではミネザクラが満開でした。
 天気も良くて、いつもは寒さに震えての小屋開きですが今年は幸運でした。
 まもなくシラネアオイが咲き出します。

旭又方面の景色です。

 例年もっと雪が残っていますが、今年は雪解けが早い感じです。
 奥岳山頂で缶ビールでお花見をやってきました。 

太平山の古道探索(その4)

清水川 修
 令和4年5月15日、4日に掘り出した明和九年の年号が刻まれている石仏を、すぐ近くの登山者にも石仏にも安全でわかりやすい場所に移動しました。

江戸時代は滝の下に橋がかかっており、向かって右手の尾根に道があり、登りきったところに石仏が置かれていました。

 台座は60キロくらいで本体は80キロくらいでした。背負子に載せて二人で担架のように持って5メートルごとに休息しながら運びました。重さに驚き、江戸時代の人たちは偉いと思いました。

図絵は国立公文書館DBからです。

 

石仏の右側面には明和九年の年号が刻まれていました。
 太平山石碑群の中でもかなり古い年号です。本当に重かったです。
 線香を焚きお経をあげ、チョコレートとバナナをお供えしました。石仏には初めての供物だったでしょう。
 雪が消えたら毎年お参りします。

長野県鬼無里の水芭蕉

田川 由美子
 今日(5月15日)、朝一の北陸新幹線で長野に向かい、鬼無里、奥裾花自然園の水芭蕉を見に行ってきました。
 もうギリギリのタイミングで水芭蕉も大きくなっていました。
 シャトルバスの乗り継ぎも今日まで。
 ブナの森も素晴らしい。紅葉の時期に再訪したいです。

戸隠西連峰

水芭蕉の群生地

ブナの森